Takaのエンタメ街道

一生を映画に捧ぐと決めた高校3年生のTakaが主に映画・テレビ・音楽について書くブログです。

「2001年宇宙の旅」IMAX版鑑賞レポート(ネタバレあり)

 

f:id:ot20503:20181027173048j:image

というわけでご無沙汰しております。

今日は「2001年宇宙の旅」のIMAX版を観てきたのでそのレポートです。

普段、映画批評は基本Twitter(↓では主にIMAX版としての批評を挙げています)か

最近はFilmarksを使っているわけですが、

せっかくはてなブログを開設してるんだし、何しろ語りたいことが山ほどあるので今回はこちらでも感想を書いていければと思います。

ブログということで長い文字数も書けるのでネタバレありで行かせてください。

あと、ブログで映画感想なんて初めてでもあるのであらすじに沿いながら実況形式で自分なりの解釈などを混ぜながらやらせていただきます。

それでもOKな方はぜひとも(簡単な感想やIMAX版の感想はTwitterFilmarksでやりますんで)…

 

 

1.行くまでの経緯

今年公開50周年を迎えた「2001年宇宙の旅」。

実は僕、1回も劇場で観たことないんです。そりゃ2000年生まれのミレニアムベイビーである高校3年生がこれまで観る機会はないよな…と感じて頂ければ有り難いのですが(昔、観た記憶があるが完全に曖昧)、そんな中、クリストファー・ノーラン監督監修による70㎜ニュープリントが公開されることに

f:id:ot20503:20181027211920j:image

これは行きたい!と思ったら、場所は東京。行けるわけもなく、チケットは即完売。初日には庵野秀明監督も来てたらしく、自分ただただショック…なんとか!全国でこの盛り上がりを共有出来ないのか!という矢先にIMAX版の日本公開の報が入ったのです

これは嬉しい!是非とも観に行かねば!と思った矢先、今度はいつもお世話になっている109シネマズ名古屋のIMAXIMAXレーザーに切り替わる報が。

f:id:ot20503:20181027212132p:image

これはこれで嬉しいのだが、残念ながら10月から切り替え工事のため、使えないという…これもまたショック……

が、しかし!愛知にはまだIMAXがある!

名古屋中区の109シネマズ名古屋のほかに、

f:id:ot20503:20181027212228j:image

豊橋市ユナイテッド・シネマ豊橋18、

f:id:ot20503:20181027212405j:image

名古屋市緑区イオンシネマ大高の3館がある!

f:id:ot20503:20181027212507j:image

そして、愛知で「2001年宇宙の旅IMAX版をやってるのは豊橋と大高だけだ。

f:id:ot20503:20181027212655j:image

というわけで、大高を選んだわけである。

イオンシネマ大高は昔、ワーナー・マイカル・シネマのときから近隣に暮らしていたため、よくお世話になっている個人的には馴染み深い映画館である。

そんなこんなで、いよいよ人生初の劇場での鑑賞となる「2001年宇宙の旅」が始まったのである。

2.鑑賞レポート①「人類の夜明け」

f:id:ot20503:20181027212722j:image

今回は前の方の真ん中座席を購入。さあ、スクリーンに入ってみると…

f:id:ot20503:20181027212753j:image
f:id:ot20503:20181027212801j:image
f:id:ot20503:20181027212757j:image
f:id:ot20503:20181027213328j:image

シーーン(ただただ小さな喋り声と空調の音が聞こえる)

なんとも言えない、張り詰めた緊張感。

年齢層も俺みたいな若年層というよりかは少し年上の方やご年配の方々。

さらには場内も40人くらいしかいないというなんとも言えないこの空気。

もう既にここから空気は作られていたのだ。

 

IMAXデモが終わり、ファンタビボヘミアン・ラプソディヴェノムとどれも気になるIMAX対応の予告が流れて、さてさてそろそろお馴染みのカウントダウンか?と思いきや、

映像のないスクリーンに「アトモスフェール」が流れ始める(なお、この時は一時点灯状態)。

これから始まる映画体験を暗示させるようなこのBGM…ドキドキとワクワクで待っていると……

完全消灯し、スクリーンには青いMGMの文字!

f:id:ot20503:20181028192811j:image

そして、「ツァラトゥストラはかく語りき」が流れるオープニング。大音量で若干高音が耳に来はしましたが、やっぱり最高ですよね。アポロが月に行く前*1だって言うのにこの完成度…素晴らしい。

f:id:ot20503:20181028192857p:image

さあ、始まるは類人猿パート。自然風景や人が入った猿の演技はすげぇなと唸らされる。

やがて群れと為し、現在の形が出来上がる中、不気味なBGM(「ソプラノ、メゾ・ソプラノ、2つの混声合唱管弦楽のためのレクイエム」)ととも佇む「モノリス」。原始的な風景にスタイリッシュで近未来的というスタイルが最高*2

f:id:ot20503:20181028193005j:image

その未知との遭遇後、猿は武器を手にし、"戦い"というものを学習します。ここでもまた「ツァラトゥストラはかく語りき」が流れます。何かを獲得したら流れるんすかね…

f:id:ot20503:20181028192958j:image

やがて仲間同志で戦を始め、戦いに勝利した猿が投げた骨は地球を回る衛星へと切り替わります。

f:id:ot20503:20181028191832j:image

そして、流れるは「美しく青きドナウ」。BGMに乗せて、オリオン3型、宇宙ステーション5、アリエス1Bが地球や月の周りを動く映像。

f:id:ot20503:20181028191852j:image

f:id:ot20503:20181028191907j:image

1968年、CGもないのに月にも行ってないのにあんな映像、どうやって作ったんだと思考したら本編終了しそうなくらい不思議です…

f:id:ot20503:20181028193431j:image

f:id:ot20503:20181028193516j:image

そして、BGMが終了し、ようやくセリフ。これにはやっとかい!と突っ込みたくなる。

f:id:ot20503:20181028192248j:image

それくらい映像とクラシック音楽だけで映画を持たせてしまってるのだから素晴らしい。

舞台は旅客機とホテルを組み合わせた宇宙ステーションへ。今見れば驚く声紋認証(あれは正しく「Hey,Siri」や「OK,Google」。)や宇宙食、テレビ電話の面白味とさらにはこだわったであろうインテリアデザインまで。

f:id:ot20503:20181028191610p:image

f:id:ot20503:20181028193226j:image

f:id:ot20503:20181028193108j:image

ここらへんは60年代のスタイルも感じるが、的確に近未来を当てにいってるのはやっぱりすごい。

f:id:ot20503:20181028192245j:image

さらに舞台は月の基地へと変わる。今見れば スクリーンXかよ!と突っ込んでしまった会議シーンもあるが、ここでもまたこれ本当に1968年の映画かよ!という領域の宇宙食になったサンドイッチが登場する。

f:id:ot20503:20181028192223j:image

f:id:ot20503:20181028193307j:image

そして、人類は再び、モノリスと遭遇。が、突然強力な信号を流す(ここも高音すぎて耳キーンなるわ! *3 )。

f:id:ot20503:20181028122315j:imagef:id:ot20503:20181028122332j:image

f:id:ot20503:20181028192510j:image

3.鑑賞レポート②木星使節(前編)

舞台は本作のメインパートの木星へ向かうディスカバリー号に移る。

f:id:ot20503:20181028191359j:image

ここでも人民冬眠やら最強の人工知能やらBBCが映るテレビやらそういうメカニック的に面白い場面は詰められている。

f:id:ot20503:20181028193156j:image

ここまで宇宙の素晴らしさや近未来に溢れた面白いSF的な側面を見せるが、最強の人工知能HAL9000が船の一部分の故障を告げ、確認すると問題が見つからなかったことから物語は加速する(と言いたいが、進んでるのか後退してるのか…w)。

f:id:ot20503:20181028191729j:image

乗組員はHALの思考部を停止させることを決める。

f:id:ot20503:20181028191421j:image

それをHALが盗み聞きをしたところで、インターミッション(休憩)へ。

4.鑑賞レポート③インターミッション

f:id:ot20503:20181028193748j:image

これは実は人生初の映画館でのインターミッション(この時は一部点灯状態)。

先程も言った通り、張り詰めた緊張感(空調の音だけが場内に流れる)、いわばクワイエット・プレイス状態と化してしまっている劇場。

特にここまでを総括したような話も周囲から聞こえず、特にトイレに行く予定もなく自分はただTwitterを眺めながら約15分もの沈黙の時間を過ごした。

まだかまだかと待ったところで再び「アトモスフェール」が流れ、場内は完全消灯へ。

5.鑑賞レポート④木星使節(後編)

先程の場面から再開。しかし、始まって数分。HALが船外活動中に宇宙服の機能を破壊し乗組員を殺害、人工冬眠中の3人の生命維持装置を切るという静寂の宇宙と宇宙船内のサイレンが鳴り響く。

f:id:ot20503:20181028122242p:image

f:id:ot20503:20181028193741p:image

この後のボーマン船長による殺害されたプール船長救出→HALに宇宙船を開けるよう要求→拒否→無理矢理(爆破で)ドアを開ける含む宇宙でのあの静寂は劇場ならではの静かな空気、緊張感が非常に良かったです。

f:id:ot20503:20181028194058j:image

f:id:ot20503:20181028194025j:image

f:id:ot20503:20181028193945j:image

その静寂からの宇宙の空気をシャットダウンしたときの音が戻ってくるあの感じも劇場だと肌一倍

そして、ボーマン船長はHALの思考部を停止させます。あれ、個人的には猿のあの場面を思い出してちょっとだけ残酷でした

f:id:ot20503:20181028191701j:image

f:id:ot20503:20181028191628j:image

でも、よく考えれば1960年代に人間vsAIという構造を描き出すのって凄いし、現在こそ観るべき部分もあるよね。

6.鑑賞レポート⑤ 木星 そして無限の宇宙の彼方へ

さあ、もうこっから個人的には完全に超越し始めたと毎度感じるこのパート。

 

ボーマン船長がモノリスと遭遇。そしてついに始まる。スターゲイトの潜り抜け。

f:id:ot20503:20181028191156j:image

f:id:ot20503:20181028191207j:image

f:id:ot20503:20181028191324j:image

f:id:ot20503:20181028191230j:image

f:id:ot20503:20181028192438j:image

IMAX版であれ観るのヤバかったな…前の席選択したのがもろ正解を出す場面でした。正直、もっと前でも良かった。

そして、ベッドルーム。もはや時間軸すら歪んだあの世界はたどり着いたボーマンと孤独にその部屋で暮らすボーマンと独り死に行くボーマンの3人によって構成されているが、個人的にあそこが一番理解が乏しくなってくるところ

f:id:ot20503:20181028194431j:image

f:id:ot20503:20181028194417j:image

f:id:ot20503:20181028191553j:image

f:id:ot20503:20181028194233j:image

f:id:ot20503:20181028194257j:image

そして、ラスト。「ツァラトゥストラはかく語りき」が流れ、スターチャイルドが地球を見つめ終わるという…腑に落ちるわけないし、前衛的とはこのことを言うのではないか?と感じた。

f:id:ot20503:20181028191247j:image

f:id:ot20503:20181028191252j:image

たぶん、このパートではボーマンがスターチャイルドへの過程を描いたんだろうなと自分に納得させながら、本編終了。

 

そして、エンドクレジットは「美しく青きドナウ」。「THE END」の文字が流れ、場内は全灯状態に。

f:id:ot20503:20181028194658j:image

皆さん退場されましたが、僕は曲が終わるまでずっと席に座ってました(他に何人かいたけどw)。

そして、ワーナーのロゴ、IMAXの品質表示がされ終了といった感じです。

7.まとめ

というわけで、人生で1度は劇場で観たいなと思ってた1作「2001年宇宙の旅」を観ることが出来ました。

IMAX版としての感想は…

高音の出すぎ以外は最高。

映像はデカく、音響は席に響き渡る重低音がやっぱりIMAX版は凄いと思いました。最高の映画体験でした。

まあ、こうやってあらすじも羅列したので、改めて作品としての感想も。

公開から50周年が経った今も色褪せることのない映像美や構成。50年前とは思えない科学的実証の正確さ

さすが、キューブリックと思いました。

個人的に「2001年宇宙の旅」はこういった宇宙や近未来といった要素に人間や自然といった終わりのない哲学的・神秘的な要素を誕生から描いている正しくSF映画なのであって、SF映画の古典的存在に感じます。

改めて見ると映画の「イロハ」のハまでやってんじゃねぇかとも言いたくなるような映画館だからこそ出来る体験(無音・画面いっぱいの宇宙・大音響でのクラシック音楽)をこの上なく敷き詰めた芸術作品の域ですよね、これw

もう、70mmフィルムもIMAXも美術館の作品の展覧会のように全世界を定期的に飛び回れば良いんじゃないかな。

IMAX、良かったです。70mmも観たいな…

 

というわけで、「2001年宇宙の旅IMAX版は11月1日までの上映となります。

えっ!?時間がない。

という方も、今年は他にも様々なコンテンツが。

11月21日にはUltra HD Blu-rayでの発売が予定。日曜洋画劇場で放送された吹替を完全に収録した吹替ディスクということで、既に購入済の方もまた買わねばならぬアイテムです(UHD高いのはなんとかして欲しい…)。

さらにはテレビでも。

11月5日(月)午後1時〜BSプレミアムで、

f:id:ot20503:20181028195027j:image

さらには12月1日(土)午後1時10分〜新たに開局されるNHK BS8Kで放送されます。

f:id:ot20503:20181027211052j:image

8Kですよ!8K!!

全国のNHKスタジオで4K・8K見れるそうなんでチェックしてみては(2001年やるかは未定ですが)?

 

さて、そんなとこで今回は締めにします。というわけで上映中、眠気と戦うために買ったキャラメル&プレッツェルポップコーンは好きなんだが、今作は食べるタイミングを見失いそうになったTakaでした…

f:id:ot20503:20181027211750j:image

*1:ちなみにポルノグラフィティのアポロは1999年リリース意外と前…

*2:当時のスクリーンの性質上、ピラミッド型や立方体ではなくあれが物体として最適らしいと町山さんが言っています。

*3:恐らくそれ狙いで敢えてこういう設計にしたな、IMAXさん

"今"「27時間テレビ」をやる意義はあるのか?

f:id:ot20503:20180914230539p:image

先週の話になりますが、「FNS27時間テレビ」が放送されました。

今年は「にほん人は何を食べてきたのか?」をテーマに「にほんの食」の歴史を紐解くという形式でした。

司会は昨年に引き続き、ビートたけし村上信五

ほぼ収録形式でしたが、昨年よりも生放送の部分は増えたという感じでしたかね*1

この記事ではそんな今年の27時間テレビを振り返りながら、

を中心に記事を展開していこうと思います。

まずは今年の27時間テレビを振り返る上で残念な結果の報告から始めよう。

平均視聴率が7.3%と歴代ワーストを記録したということだ。

www.oricon.co.jp

f:id:ot20503:20180915014946j:image

ちなみに時間帯視聴率でまとめるとこんな感じ*2

数字から見れば、厳しい結果と言えますね。

では、中身はどうだったのか?個人的な感想としては面白くないと言ったら嘘になるが、すごく面白いとまでは言えないという感じです。

個人的に今年最大の収穫ポイントは深夜〜早朝帯だったように感じます。

f:id:ot20503:20180915123039j:imagef:id:ot20503:20180915123041j:image

ここ最近、恒例になってきた「さんまのお笑い向上委員会」は27時間テレビの最大の特徴であるお笑いを全面に出してきて、今年も火薬田ドンが登場して面白かったですね。

f:id:ot20503:20180915123222j:image

そして、何と言っても「飯テロ-1 グランプリ」。これは完全に企画力の勝利でしたね。個人的にここ最近の27時間テレビの企画の中でもかなり面白かった。これだけで定期的に特番はいけると思います。

f:id:ot20503:20180915123122j:image

あと、朝と昼の「松岡修造のくいしん坊!万才」と毎時間現れた「毎時間修造」。フジテレビ唯一の食番組という力を思う存分使った感じ。10月から日曜昼に移動するみたいなんで、この機会に全国放送しても良いと思いますけどね…

でも、盛り上がりたいオープニングとエンディングがイマイチなんですよね…頑張って欲しいところですけど……

 

ただ、数字に現されてる通り、27時間テレビに求めてるのはこれではない。

27時間テレビ=ただ面白いことをやるバラエティー祭りというイメージ。視聴者はそれを求めてるのは確か。

ただ、僕はこの不満に納得はしつつ、疑問視したい面もある。

果たして、今のフジテレビにこのお笑い祭りをすることができるのか。

f:id:ot20503:20180915021648j:image

これはこれまでのFNS27時間テレビの平均視聴率のデータである。

ここで注目したいのが2016年。

f:id:ot20503:20180915022055j:image

そう。正しく27時間、祭りをやろうとした回である。

結果は現在ワースト2位の7.7%を記録したのだ。

まあ、内容からしたら、これを27時間テレビとして語れるというレベルではないのだが、今現在バラエティー祭りをやった最後の例である。

そして、次の年、重く見たフジテレビは大胆な変化を起こす。時期変更・収録形式・教養バラエティとして歴史をテーマという要素を取り入れたのだ。

f:id:ot20503:20180915022722j:image

27時間通して日本の歴史を振り返るというのは斬新であり、かつここまで長時間をかけてテレビで一つのテーマを通すというのはなかったのではないか?

確かに我々の持っている27時間テレビのイメージからは遠く離れているが、これをやったのは個人的に面白いとは思いますし、バカリズムのフリップネタや企画とかではいい面もありましたからね。

あと、現在、フジテレビのバラエティで27時間をやるのも厳しいところがあるのは確かです。

番組を組み合わせればなんとかなりそうですが、往年の27時間は戻っては来ないと思います。

というわけで、僕は皆さんが思う27時間テレビにするにはまずはお笑い番組の地盤をしっかりしないと楽しくないと思います。

今、フジテレビはなかなか視聴率や人気を取り戻せない状況。そんな今こそ冒険が必要。色んなことをしてまた楽しいテレビ局になれば良いんじゃないでしょうか?

 

さあ、といった感じで記事を進めてまいりましたが、もし、来年27時間テレビをやるなら、何をするべきか?

これを書くために記事を展開したところはありますがw今回は1つ、個人的な提案をしたいと思います。

来年はフジテレビ開局60年を迎えます。そんな中でお送りするのが…

フジテレビのれきし

また、歴史で27時間かい!

f:id:ot20503:20180915024525g:image

甘い、甘いぞ!27時間でフジテレビの歴史を振り返る集中講義が幕を開けるのです!

f:id:ot20503:20180915034438j:image

18:30〜 グランドオープニング 「27時間テレビのれきし」

f:id:ot20503:20180915041807j:image

番組の随所には歴史を振り返るコーナーを設置。この映像は「カノッサの屈辱」風で、27時間かけてフジテレビ講義を行う設定になっている。

18:55〜 99人の壁

f:id:ot20503:20180915040456j:image

今年の10月からはこの時間帯でやっているのが99人の壁。ここではドラマに関する問題を多数用意。ドラママニアが集結し、生放送中にグランドスラム達成なるか?

21:00〜 石橋貴明のたいむとんねる

f:id:ot20503:20180915040550j:image

敢えてこの時間帯を選択。理由はバラエティーの歴史を語ってもらうため。フジテレビのバラエティーを支えた石橋貴明とともにフジテレビのバラエティーの歴史を2時間たっぷり語る。

23:10〜 さんまのお笑い向上委員会

f:id:ot20503:20180915040628p:image

引き続き、バラエティーの歴史。フジテレビを支えた人気芸人が多数集結。「バラエティー向上委員会」として今のバラエティーにクレームを入れる設定。

24:30〜 さんま・中居の今夜も眠れない

f:id:ot20503:20180915040735j:imagef:id:ot20503:20180915040739j:image

ついに復活!おなじみ「ラブメイト10」と火薬田ドンが登場。

27:30〜 裏めちゃイケ

f:id:ot20503:20180915040849j:image

深夜番組の歴史。「めちゃイケ」の原点は深夜番組「新しい波」。そんなめちゃイケが深夜に復活!「殿様のフェロモン」のハケ水車も復活!!

6:00〜 FNS27局対抗 ハモネプ27時間テレビカップ 前半戦

f:id:ot20503:20180915040925j:image

素人番組の歴史。恒例FNS27局対抗企画はハモネプ。個人的にはかくし芸大会も浮かんだけど、こちらで。

7:00〜 めざましテレビ

f:id:ot20503:20180915041009j:image

朝の番組の歴史。

8:00〜 FNS27局対抗 ハモネプ27時間テレビカップ 後半戦

f:id:ot20503:20180915040932j:image

素人番組の歴史。

9:30〜 池上彰スペシャル フジテレビとニュースのれきし

f:id:ot20503:20180915041044j:image

ニュース番組の歴史。池上彰とともにフジテレビに残されたニュース映像を振り返る。

11:45〜 テレフォンショッキング

f:id:ot20503:20180915041203j:image

昼の番組の歴史。そして、サプライズ企画へとテレフォン。

12:30〜 サプライズ企画

f:id:ot20503:20180915041314j:image

この時間まで伏せに伏せられた内容。

新しい地図」の3人が登場。司会者を昼食でもてなすために3人が料理対決を展開。

14:00〜 痛快TV スカッとジャパン

f:id:ot20503:20180915041412j:image

歴史うんぬんとかよりもウッチャンナンチャンを呼びたいがための企画。

15:00〜 生ジャンクSPORTS

f:id:ot20503:20180915041451j:image

スポーツ番組の歴史。ちょうどこの時間帯に競馬中継も重なるためにこの時間帯を選択。

16:30~ LOVE MUSIC

f:id:ot20503:20180915041534p:image

音楽番組の歴史。今のフジテレビを代表する音楽番組を選択。

17:45〜 アニメのれきし

f:id:ot20503:20180915041640j:image

アニメ番組の歴史。人気アニメキャラ大集合。

18:30〜 サザエさん

f:id:ot20503:20180915041732j:image

フジテレビを代表する国民的番組を外すわけがない。

19:00〜 グランドフィナーレ「生放送のれきし・現在・そして、未来へ…」

f:id:ot20503:20180915040413j:imagef:id:ot20503:20180915041911j:image

いよいよ最終講義。日曜の夜の日テレ帝国の牙城を崩せずにいるテレビ業界。そこで27時間テレビが行うのがテレビ放送の原点「生放送」。

豪華キャスト登場による「生コント」や車庫入れなど生にこだわった企画を放送。

そして、未来に繋がるフジテレビ新人アナウンサーの提供読みも行い、27時間にも渡るフジテレビ集中講義は終了。

 

みたいな企画を考えたんですけど、どうでしょう?グランドフィナーレが弱いけど、そこまでのアイデアが出ないです…

フジテレビさん、これやったらみんな見ると思います!w

今回は27時間テレビをテーマに記事を展開しました。

27時間テレビの発端は24時間テレビに対抗して、お笑いで1日やってみよう!から始まった企画。

やはり「お笑い」をやることで意義を成すところはある。

だが、今のフジテレビは冒険が必要。新たな楽しみを求めて来年の27時間の放送を期待しています。

ot20503.hatenablog.com

 

 

 

*1:インフォメーションとめざましテレビと競馬中継ぐらいですかね…1時間ちょいくらいしかないやんw

*2:時間帯視聴率は 『27時間テレビ』全平均視聴率7.3%で歴代ワースト 前年比1.2pt減 | マイナビニュース

もしも、あの時、アカデミー賞に人気映画賞があったら?

f:id:ot20503:20180810072154j:image

世界最大の映画賞とも言われているアカデミー賞。みなさんは先日、そんなアカデミー協会が出した重大なお知らせをご存知だろうか?

theriver.jp

そう。アカデミー賞の開催時期を早めたり、放送時間を短縮したりといった発表とともに「人気映画賞」という新たな部門を設けることを発表したのだ。

これに関して議論が起こっているのだ。映画ファンである自分自身、毎年オスカーのシーズンを楽しみにしてるだけあって、避けては通れない話題であった。 

ot20503.hatenablog.com 

しかし、いったいなぜ?なぜ、今になって…

そこにはいくつかの理由があると思われるが、自分としては2つの理由を挙げたい。

1.視聴率の改善

f:id:ot20503:20180810021224j:image

(https://www.ocregister.com/2018/03/05/oscars-2018-tv-ratings-plunge-to-a-record-low/より)

f:id:ot20503:20180810021634j:image

(https://www.statista.com/chart/13142/the-oscars-tv-audience-falls-to-all-time-low/より)

こちらの2つの画像をご覧いただければ分かると思うが、2014年(エレン・デジェネレス司会で世界最高のセルフィーが撮られた回)を境にアカデミー賞の視聴率は年々下がってきているのだ。

そして、アカデミー賞は授賞式だけでも3時間以上、さらにはレッドカーペットを含めると6時間近くは放送しなければならない。

放送時間も深夜を超え、さらには興味もない結果や結果外れとなれば視聴率も落ちてしまうのも無理はないということだろうか?

そこで視聴率改善のために放送時間を短縮し、さらには「人気映画賞」を創設すれば視聴率も上がるという考えだ。

2.「ブラックパンサー」が与えた影響

f:id:ot20503:20180810072219j:image

皆さんは今現在、2018年のアメリカの興行収入でNo.1に君臨してる作品をご存知だろうか?

www.boxofficemojo.com

アベンジャーズではなく、ブラックパンサーなのである。

f:id:ot20503:20180810022810j:image

2月公開ながら今現在も公開しており、今月には7億ドルを突破スター・ウォーズEP7、アバターに次ぐ歴代3位(もちろんこれはMCU最高成績)に位置し、社会現象とまで言われる成績を残したのだ。

f:id:ot20503:20180810022959j:image

さらには評価も高く、「Rotten Tomatoes」のトマトメーターでは97%MCU最大の評価を得ているのだ。

f:id:ot20503:20180810024022j:image

しかし、ここまでヒット・高評価・社会現象となれば、問題となるのがブラックパンサー」がアカデミー賞作品賞に値するのか?ということだ。

もう一つここで過去に起こったアカデミー賞に関する問題を取り上げよう。同じくヒーロー映画の大傑作ダークナイトだ。

f:id:ot20503:20180810072425j:image

今作はその年のアカデミー賞では7部門(助演男優賞、撮影賞、美術賞、メイクアップ賞、視覚効果賞、音響編集賞編集賞)ノミネートされ、助演男優賞、音響編集賞を受賞した。

f:id:ot20503:20180810072522j:image

しかし、作品賞は受賞するどころか、ノミネートからも外されたのだ。

これにファンは批判。翌年から作品賞の枠を5から10(後に5〜10という不規則な枠になる)に増やし、ノミネート作品の多様さを狙った。その結果、ピクサー作品やマッドマックスといったヒット作もノミネート出来るようになったのである。

↓この出来事については町山智浩さんが当時詳しく書いてます。↓

www.newsweekjapan.jp

しかし、枠を増やしても「タイタニック」や「ロード・オブ・ザ・リング」のようなヒット作から作品賞受賞という結果には結びつかなかった。

f:id:ot20503:20180810072544j:image

さて、話を戻すが、「ブラックパンサー」がもたらした影響は大きく、アカデミー賞作品賞ノミネートすらもあり得る作品なのだ。しかし、受賞までいくかというと、アカデミー会員はマーベル映画に対して評価をするのかも疑問に感じるし、相当な可能性がないと受賞も難しいのではないかと考える。

果たして、このままヒット映画がアカデミー賞で受賞出来ないようなジンクスがあって良いのか?そういう意味合いもあって、人気映画賞を作るのだろう。

 

個人的に今回の創設はいかがなものかと思います。アカデミー賞は個人的に文芸的映画賞として捉えているので、もうこういった人気映画賞はピープルズ・チョイス・アワードとかMTV ムービー・アワードがあるのでそちらでやれば…というのはありますが、世界最大の映画賞だけあっての決断で難しいところですよね…

以上が私の見解ですがどうでしょう?

というわけで、ここからが今回の記事の本題。じゃあ、あの時、人気映画賞があったら、何を選んでただろう?ってことを個人的に想像しながら書いてみようと思います。

ここでルールを紹介

1.その年の米国内興行収入のトップ10に入っていること

2.アカデミー賞に1部門でもノミネートされていること

3.なお、今回の対象は1980年からの37年とする。

4.作品賞受賞作は例外

この4つを条件に考えていこうと思います。

そこから導き出した結果がこちら。

f:id:ot20503:20180810071310j:image

今回は条件を絞って選んだのであれがない、これがないとお思いかもしれませんが、こうやって見てもなかなか面白い結果になったのではないのでしょうか?

あっても別に悪くはない…かな?後半ディズニーばっかやし(そういえば、アカデミー賞放送局のABCはディズニー傘下)…

しかし、まだまだ議論出来る余地があります。アカデミー協会がどういう風に舵を握るのか。注目。

ブラックパンサー」ノミネートが注目される第91回アカデミー賞授賞式は来年2月24日です。

↓ちなみに未だにアカデミー賞を受賞出来てないクリストファー・ノーラン監督は「ブラックパンサー」推してます。↓

theriver.jp

 

 

<更新中>東海地方の映画放送スケジュール


どうもどうも…今回は東海地方のテレビでの映画放送をまとめてみたいと思います。
そんなことを思ったきっかけが↓のサイトを見ていまして…
movie.zashiki.com
ここには関東と関西のテレビでの放送スケジュールはあるのにうちの住んでる東海地方はないんですね…というわけで東海地方に住んでいる筆者がスケジュールを掲載し、東海地方の映画ファンに映画放送をお知らせしていくという目的で掲載していきます。

放送日 放送時間 放送局 タイトル 備考
2018年7月1日(日) 深夜0:35〜2:35 NHK総合 劇場版 「進撃の巨人」 前編~紅蓮の弓矢~ 字幕放送あり
2018年7月6日(金) 夜9:00〜10:54 中京テレビ ジュラシック・パークIII 本編ノーカット
データ・二ヶ国語・字幕放送あり
2018年7月7日(土) 午後1:55〜3:55 テレビ愛知 ジュマンジ 二ヶ国語・字幕放送あり
2018年7月7日(土) 夜9:00〜11:10 東海テレビ ホワイトハウス・ダウン データ・二ヶ国語・字幕放送あり
2018年7月8日(日) 深夜0:10~2:10 NHK総合 劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼 字幕放送あり
2018年7月12日(木) 夜6:48〜8:49 テレビ愛知 劇場版ポケットモンスター キミにきめた! 世界初放送
データ・字幕放送あり
2018年7月13日(金) 夜7:00〜8:54 ぎふチャン 劇場版ポケットモンスター キミにきめた!
2018年7月13日(金) 夜9:00〜11:24 中京テレビ ジュラシック・ワールド 本編ノーカット
データ・二ヶ国語・字幕放送あり
2018年7月14日(土) 夜9:00〜11:10 東海テレビ トランスフォーマー データ・二ヶ国語・字幕放送あり
2018年7月14日(土) 深夜2:00~4:10 東海テレビ サマータイムマシン・ブルース
2018年7月16日(月) 午前9:00〜10:00 NHK Eテレ 映画 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち 二ヶ国語・字幕放送あり
2018年7月19日(木) 深夜0:55〜2:55 NHK総合 劇場版 「進撃の巨人」Season2~覚醒の咆哮~ 字幕放送あり
2018年7月20日(金) 午前11:00〜11:30 中京テレビ それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険! [前編] 字幕・解説放送あり
2018年7月20日(金) 夜9:00〜10:54 中京テレビ 時をかける少女(2006) データ・字幕・解説放送あり
2018年7月21日(土) 夜9:00〜11:10 東海テレビ トランスフォーマー/リベンジ データ・二ヶ国語・字幕放送あり
2018年7月21日(土) 深夜1:55〜4:10 東海テレビ ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 字幕版
2018年7月25日(水) 夜7:00~8:55 三重テレビ 劇場版ポケットモンスター キミにきめた!
2018年7月27日(金) 午前11:00〜11:30 中京テレビ それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険! [後編] 字幕・解説放送あり
2018年7月27日(金) 夜9:00〜11:19 中京テレビ バケモノの子 データ・字幕・解説放送あり
2018年7月29日(日) 夜9:00〜11:29 メ〜テレ ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション 地上波初放送
データ・二ヶ国語・字幕放送あり
2018年8月3日(金) 夜9:00〜11:24 中京テレビ オデッセイ 地上波初放送
データ・二ヶ国語・字幕放送あり
2018年8月4日(土) 昼1:55〜4:00 テレビ愛知 JSA
2018年8月4日(土) 夜9:00〜11:15 東海テレビ Mr.インクレディブル 本編ノーカット
データ・二ヶ国語・字幕放送あり
2018年8月4日(土) 深夜2:00〜3:56 東海テレビ 建築学概論 字幕版
2018年8月5日(日) 夜7:00〜9:00 ぎふチャン HANA-BI
2018年8月10日(金) 夜6:55〜8:50 テレビ愛知 トランスポーター 世界ソフトボール放送により中止
二ヶ国語・字幕放送あり
2018年8月10日(金) 夜9:00〜11:29 中京テレビ ハウルの動く城 本編ノーカット
データ・字幕・解説放送あり
2018年8月10日(金) 深夜2:04〜3:45 メ〜テレ ロスト・バケーション 二ヶ国語放送あり
2018年8月11日(土) 夜9:00〜11:10 東海テレビ オーシャンズ11 データ・二ヶ国語・字幕放送あり
2018年8月11日(土) 深夜1:55〜3:51 東海テレビ 花田少年史 幽霊と秘密のトンネル
2018年8月16日(木) 夜7:58〜10:18 テレビ愛知
ぎふチャン
銀魂 地上波初放送
字幕放送あり
2018年8月17日(金) 夜9:00〜10:54 中京テレビ となりのトトロ 本編ノーカット
データ・字幕・解説放送あり
2018年8月17日(金) 深夜2:04〜4:02 メ〜テレ 星の王子 ニューヨークへ行く 二ヶ国語放送あり
2018年8月19日(日) 夜7:00〜8:54 ぎふチャン サマータイムマシーン・ブルース
2018年8月19日(日) 夜9:00〜11:14 メ〜テレ 君の膵臓をたべたい 地上波初放送
字幕放送あり
2018年8月24日(金) 夜9:00〜10:54 中京テレビ 猫の恩返し 本編ノーカット
データ・字幕・解説放送あり
2018年8月24日(金) 深夜1:34〜3:28 メ〜テレ ラストスタンド 二ヶ国語放送あり
2018年8月25日(土) 夜9:00〜11:09 NHK Eテレ 映画 聲の形 地上波初放送
字幕放送あり
2018年8月25日(土) 深夜1:55〜3:50 東海テレビ アイ・ウェイウェイは謝らない 字幕版
2018年8月31日(金) 夜9:00〜10:54 中京テレビ メアリと魔女の花 テレビ初放送
データ・字幕・解説放送あり
2018年9月2日(日) 午後2:30〜4:39 NHK Eテレ 映画 聲の形 字幕放送あり
2018年9月7日(金) 夜9:00〜10:54 中京テレビ アントマン 地上波初放送
データ・二ヶ国語・字幕放送あり
2018年9月9日(日) 夜7:00〜8:54 ぎふチャン リリィ、はちみつ色の秘密 二ヶ国語放送あり
2018年9月14日(金) 深夜1:34〜3:33 メ〜テレ アナザー Another
2018年9月15日(土) 夜9:00〜11:10 東海テレビ 映画ちびまる子ちゃんイタリアから来た少年 さくらももこさん追悼特別番組
字幕放送あり
2018年9月21日(金) 夜9:00〜10:54 中京テレビ プレデターズ データ・二ヶ国語・字幕放送あり
2018年9月21日(金) 深夜1:34〜3:35 メ〜テレ わたしを離さないで 二か国語放送あり
2018年9月22日(土) 深夜2:15〜3:55 東海テレビ 人生フルーツ 樹木希林さん追悼特別番組
2018年9月23日(日) 午後1:45〜2:50 東海テレビ 居酒屋ばぁば 樹木希林さん追悼特別番組
2018年9月28日(金) 夜9:00〜11:29 中京テレビ 海賊とよばれた男 地上波初放送
データ・字幕放送あり
2018年9月30日(日) 深夜1:45〜3:30 東海テレビ 神宮希林 わたしの神様 樹木希林さん追悼特別番組
2018年10月6日(土) 夜9:00〜11:10 東海テレビ ジャックと天空の巨人 二ヶ国語・字幕放送あり
2018年10月12日(金) 夜9:00〜10:54 中京テレビ 斉木楠雄のΨ難 地上波初放送
データ・字幕放送あり
2018年10月12日(金) 深夜1:34〜3:35 メ〜テレ 森山中教習所
2018年10月13日(土) 夜9:00〜11:30 東海テレビ 三度目の殺人 地上波初放送
本編ノーカット
データ・字幕・解説放送あり
2018年10月13日(土) 深夜2:15〜4:10 東海テレビ アルカトラズからの脱出 二ヶ国語放送あり
2018年10月19日(金) 夜9:00〜10:54 中京テレビ 謝罪の王様 地上波初放送
データ・字幕放送あり
2018年10月20日(土) 夜9:00〜11:25 東海テレビ ミックス。 地上波初放送
本編ノーカット
データ・字幕・解説放送あり
2018年10月20日(土) 深夜2:40〜4:29 東海テレビ アイ・ウェイウェイは謝らない 字幕版
2018年10月21日(日) 夜7:00〜8:54 ぎふチャン ワン チャンス 二ヶ国語放送あり
2018年10月26日(金) 夜9:00〜11:44 中京テレビ もののけ姫 データ・字幕・解説放送あり
2018年10月26日(金) 深夜1:34〜3:33 メ〜テレ 欲望のバージニア 字幕版
2018年11月2日(金) 夜9:00〜10:54 中京テレビ 紅の豚 本編ノーカット
データ・字幕・解説放送あり
2018年11月3日(土) 深夜2:25〜4:30 東海テレビ リスボンに誘われて 字幕版
2018年11月4日(日) 深夜2:35〜4:25 テレビ愛知 リング
2018年11月10日(土) 深夜0:00〜1:43 NHK Eテレ Ryuichi Sakamoto:CODA 地上波初放送
字幕放送あり
2018年11月11日(日) 夜7:00〜8:54 ぎふチャン 大脱出 二ヶ国語放送あり
2018年11月16日(金) 夜9:00〜11:29 中京テレビ ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 データ・二ヶ国語・字幕放送あり
2018年11月17日(土) 午後3:40〜4:57 NHK Eテレ 映画かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご 字幕放送あり
2018年11月17日(土) 夜9:00〜11:10 東海テレビ アンフェア the end データ・字幕・解説放送あり
2018年11月23日(金) 夜9:00〜11:29 中京テレビ ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 データ・二ヶ国語・字幕放送あり
2018年11月23日(金) 深夜1:34〜3:30 メ〜テレ SEXテープ 二か国語放送あり
2018年11月30日(金) 夜7:56〜10:54 中京テレビ ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 地上波初放送
本編ノーカット
データ・二ヶ国語・字幕放送あり
2018年12月7日(金) 夜9:00〜11:34 中京テレビ DESTINY 鎌倉ものがたり 地上波初放送
本編ノーカット
データ・字幕放送あり

あと、東海地方には映画情報番組が3つありますので、そちらもついでにご紹介しておきますね。
シネマBAR」(中京テレビ 毎週(水)深夜1:33〜1:43)

映画MANIA」(東海テレビ 毎週(木)深夜1:00〜1:15)

「映画なう。」(テレビ愛知 毎週(金)深夜1:30〜1:35)
今後も随時更新して参ります。

E3 2018 気になったゲーム10選

f:id:ot20503:20180617042827p:image

どうも、お久しぶりでございます。78日ぶりの新規記事です。

まあ、ちまちまとIMAXなどの記事は更新してたんですよ。

ot20503.hatenablog.com

というのはおいといて、さあ今週は6月12日〜14日まで世界最大のゲーム見本市"E3(Electronic Entertainment Expo) 2018"がアメリカ・ロサンゼルスで開催されました。

E3では各ゲーム会社がホリデーシーズン(年末商戦)に向けて発売されるソフト、いわば最もゲームが売れる時期に発売される"目玉"タイトルを発表する商談会ということもあってゲームファンにとってはE3は年に一度の最高の祭りと言っても過言ではありません。

僕自身もE3で何が発表されるのか毎年楽しみにしています。

というわけで今回はそんなE3で発表されたゲームの中から気になったゲームを10本ピックアップしてみたいと思います。

1.「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」(PS4/Xbox One/PC 2019年初頭発売)

f:id:ot20503:20180617024902j:image

youtu.be

「ダークソウル」のフロム・ソフトウェアCoDの発売元として知られるアクティビジョンが手掛ける戦国時代末期の日本を舞台としたアクション・アドベンチャー

ダクソやブラッドボーンを手掛けたフロムが戦国時代の日本を描くのは面白そう!

2.「DAEMON X MACHINA」(Nintendo Switch 2019年発売)

f:id:ot20503:20180617024915j:image

youtu.be

アーマード・コア」を手掛けた佃健一郎をプロデューサー、河森正治をメカニカルコンセプトデザインに迎え、キャラクターデザインをコザキユースケが務めるセルシェーディング風のグラフィックで描かれたメカアクションゲーム。

いやいや、これは実質「アーマード・コア」の新作ではないか!しかも、これをNintendo Switchで発売するというのもなかなか面白い…

3.「The Last of Us Part II」(PS4 発売日未定)

f:id:ot20503:20180617025105j:image

youtu.be

ノーティードッグが手掛け、世界累計で1700万本以上の売り上げを記録したサバイバルアクション「The Last of Us」の続編。

ラスアスの続編はやりたい!もはや映画みたい!という次元も越えてるんじゃないかと感じてしまう!!

4.「KINGDOM HEARTS III」(PS4/Xbox One 2019年1月25日発売)

f:id:ot20503:20180617025412p:image

youtu.be

youtu.be

youtu.be

ウォルト・ディズニースクウェア・エニックスとのコラボレーションタイトルシリーズのナンバリングとしては13年ぶりの第3作。

2013年の開発発表から早5年。ついに発売日発表、「アナと雪の女王」、「レミーのおいしいレストラン」、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のワールド発表、オリジナルPS4を発表!

待ってました!の一言に尽きる…あとは発売日を待つのみ(宇多田ヒカルの主題歌も良い)!

5.「バイオハザード RE:2」(PS4/Xbox One/PC 2019年1月25日発売)

f:id:ot20503:20180617025631j:image

youtu.be

youtu.be

1998年に発売された「バイオハザード2」がバイオ7で使われたRE ENGINEで現代に甦る。

今回、個人的に予想以上に期待値が高まった一作。バイオ7は一人称でやるのは怖すぎそうでやりたくなかったのだが、これは個人的にやりたい。というか、こういうバイオハザードを待っていた!

↓豆腐Surviverもリメイクされるそう!↓

jp.ign.com

6.「サイバーパンク2077」(PS4/Xbox One/PC 発売日未定)

f:id:ot20503:20180617025646j:plain

youtu.be

「ウィッチャー」シリーズで知られるCD PROJEKT REDが手掛ける近未来を舞台にしたオープンワールドRPG

これはブレードランナー」のようなサイバーパンクの世界をついにゲームで遊べるというだけでも興奮!絶対買う!!

7.「Marvel's SPIDER-MAN」(PS4 2018年9月7日発売)

f:id:ot20503:20180617025811j:image

youtu.be

youtu.be

「ラチェット&クランク」シリーズのInsomniac Gamesが手掛け、スパイダーマンとなり、広大な都市を縦横無尽に駆け巡りながら犯罪と戦うオープンワールドアクション大作。

昨年のE3でも縦横無尽にアクションを繰り広げるスパイダーマンを見て期待値が上がったわけだが、今年は様々なヴィラン(エレクトロ、ライノ、スコーピオン、ヴァルチャー、Mr.ネガティブ)が出ることを明らかにし、そして最後に見せたあの光は…アイアn……これはプレステでもマーベルユニバースを展開する気か!?

8.「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」(Nintendo Switch 2018年12月7日発売)

f:id:ot20503:20180617025830j:image

f:id:ot20503:20180617030234j:image

youtu.be

任天堂が過去に発売したゲームのキャラクターが一堂に会して、彼らの登場するゲームの世界観をモチーフにしたステージ上で戦う対戦アクションゲームがNintendo Switchにも登場。

f:id:ot20503:20180617025846j:imagef:id:ot20503:20180617030312j:image

ついに、今作でこれまでに参戦したキャラクターが全員参戦という夢のようなことを実現(スネーク参戦発表からの「全員登場」はマジで嬉しかった…)!

f:id:ot20503:20180617025914j:image
f:id:ot20503:20180617025916j:image

ディレクターの桜井さんがいつも若返るのが話題だけど、今回は痩せてるのが心配で…年内発売だけど、体調に気をつけて作って欲しい!!

9.「Ghost of Tsushima」(PS4 発売日未定)

f:id:ot20503:20180617030100j:image

youtu.be

youtu.be

インファマス」シリーズなどで知られるSucker Punch Productionsが手掛け、モンゴル帝国による文永の役が行われた1274年の対馬を舞台にしたオープンワールドアドベンチャー

f:id:ot20503:20180617030114j:image

前々から外国のスタジオが日本のゲームを手掛けるというのもあって期待していたが、今回のトレーラーで細かい所作だったりアクションがすごく良くて期待値がさらに上がった!これは買いたくなった!!

10.「DEATH STRANDING」(PS4 発売日未定)

f:id:ot20503:20180617030145j:image

youtu.be

youtu.be

“つながる”ことをテーマとしたオープンワールドアクション。小島秀夫が独立後初めて手掛けるゲームであり、ノーマン・リーダスマッツ・ミケルセンギレルモ・デル・トロ出演でも話題の一作。

f:id:ot20503:20180617030209j:image
f:id:ot20503:20180617030205j:image

今回のトレーラーではレア・セドゥ、リンゼン・ワーグナーが出演することも判明し、プレイする映像も面白そうでさらに期待値が上がった!

何せ、今一番やりたいゲームであるし、小島秀夫の新作となったら絶対やりたい!この数日でトレーラー何回見てんだか…w

 

というわけで10本挙げてみましたが、

他にも「Anthem」(PS4/Xbox One/PC 2019年2月22日発売)、

youtu.be

Fallout 76」(PS4/Xbox One/PC 2018年11月14日発売)、

youtu.be

デビル メイ クライ 5」(PS4/Xbox One/PC 2019年春発売)、

youtu.be

JUMP FORCE(ジャンプフォース)」(PS4/Xbox One/PC 2019年発売)、

youtu.be

The Elder Scrolls VI」(機種・発売日未定)、

youtu.be

ファイアーエムブレム 風花雪月」(Nintendo Switch 2019年春発売)、

youtu.be

「スーパー マリオパーティ」(Nintendo Switch 2018年10月5日発売)

youtu.be

あたりも気になります。

・総括

今回のE3で発表されたゲームを見ると和ゲーが頑張ってるなと…特にフロムやカプコンは今回、印象が大きかったかな?

あと、カンファレンス。

Xboxは量で勝負したのに対し、

youtu.be

ソニー任天堂は数を絞ってソフト1つをフォーカスする質で勝負していてどちらも面白かったな。

youtu.be

youtu.be

けど、Xboxは自社ソフトよりマルチソフトの発表が印象づけられたな…でも、ゲーム機メーカー発表のトップバッターという利点をうまく生かしていて過去の発表よりかは良かったな…ソニーもラスアス2、ゴーストオブ対馬、デススト、スパイダーマンとフォーカスしつつ、バイオ2の発表したり、任天堂スマブラの発表を25分もやって(さすがにちょっと長かった印象…)、すぐに配信のソフト(フォートナイトや発表から翌日配信のスプラトゥーン2DLC)も発表するあたりは良かったかな…

ソフトメーカーさんの発表(EA、ベセスダ、スクエニ、UBI)もそこそこ良かった。

というわけで、E3 2018に関して記事を書きました。来年は6月11日〜13日まで!また来年も書けたら書きます!!

f:id:ot20503:20180617023345j:image

めちゃ×2イケてるッ!が終わって

f:id:ot20503:20180401045940j:image

3月31日午後6時30分。「めちゃ×2イケてるッ!」の最終回が始まった。

筆者も急いで家に帰って(テレビを楽しみに家に帰るのも最後かな…)、5時間10分、しっかりと一つのバラエティーの終わりを見届けさせていただきました。

今回はそんな最終回を振り返りながら、筆者自身の最終回を見終えての心境を綴りたいと思います。

まずはめちゃイケの最終回(祝活)で何をやったのか。見てない人やこれから忘れる人がいるであろうから順を追って振り返ってみます。

  • まずは初回などで使用されためちゃイケ号から最終回のお祝いパーティー(ここでBGMにJUDY AND MARYの「BLUE TEARS」が流れる)としてスタート。
  • 「シャンプー刑事」が復活。小島瑠璃子つぶやきシローが餌食になり、最後は和田アキ子とともに武田真治(シンディー)を餌食にし終了。
  • めちゃイケ号に小栗旬が登場。錦野旦も登場するが、乗せてもらえず。
  • 「クイズ 濱口優」が復活。X JAPANのToshIが遺体役で登場し、解剖医役の濱口とモンキッキーが熱々のお絞りをToshIの間で投げ合う内容だった。
  • めちゃイケ号に綾野剛が登場。錦野旦が再び登場するも、乗せてもらえず。
  • 前回(3月17日)に引き続き「めちゃ日本女子プロレス」が復活。極楽同盟が復活し、紫雷イオ&井上京子と対戦。レフェリーは吉岡四郎(博多大吉)。チビタイガーマスクも登場、最後はジャイアント馬場(関根勤)が登場し終了。
  • 松岡修造が登場。めちゃイケメンバーを励まし、「そだねー」を連発。
  • 「七人のしりとり侍」が復活。「野武士に叩かれてもクレームが来にくい人」として「七人のセンバツ侍」(宮迫博之カンニング竹山梶原雄太・くっきー・ウエンツ瑛士ジミー大西ウド鈴木)を迎え、対決。打ち切りの原因となった野武士の集中攻撃に関しては連帯責任として刀を持って野武士と対決という形となった。
  • 再び、錦野旦が登場。船に乗れなかったことに納得がいかないスターを松岡修造が説得。その後、加藤浩次も説得に加わるも犬猿の仲のためケンカになり海に飛び込む。落ちたプレゼントを救出するため松岡も飛び込んだ。ちなみにプレゼントは「伝説の1回転」が刷られたマグカップだった。
  • 「突然の熱湯コマーシャル」ではパクり元のビートたけしが登場するも、最初は松村邦洋、次に劇団ひとりがたけしのものまねをして登場し、落下。3度目にしてたけし本人が登場するも、メンバーを落下させる逆ドッキリとなり、最終的にはたけしも落下した。
  • 中居正広が登場。ADに様々な私物をプレゼントしてしまい、最終的には全裸で帰宅する始末となってしまった。
  • 「Mの三兄弟」が復活。川栄李奈が登場し、脛ブランコ(濱口)・イカリング〇×ゲーム(加藤)・巨大タイヤ転がし(岡村)を行うも、岡村は避けてしまい終了。
  • めちゃイケ号の船内にテツandトモが登場。3月3日放送の「めちゃイケネタNo.1決定戦」でネタをパクったナイナイに対しての「なんでだろう」を披露し、ナイナイが謝罪することになった。
  • 「江頭2:50の一言物申す」の最終回には打ち合わせ中の江頭を突撃し、その日の段取りがバレてしまう。本番も台本通りに進行し、最後は川村がアドリブで海に飛び込み、江頭が救助して終了。
  • 岡村が最後にやりたかった「結婚式」を叶えるため、セットの犬を新婦、「爆裂お父さん」で夫婦を務めた加藤と光浦が媒酌人、矢部が司会となって疑似結婚式をお台場の森(湾岸スタジオの屋上)を秘密基地にして開催。岡村への祝辞という形でメンバー1人1人がスピーチを行う(スピーチは後藤→白鳥→武田→大久保→福徳→重盛→有野→紗理奈→敦士→川村→濱口→雛形→山本→光浦→加藤→矢部→岡村の順)。
  • 最後に岡村のスピーチを終えた後、明石家さんまパーデンネンの姿で登場。4時間の待ち時間などをネタにしつつも、22年も土曜日の夜8時を支えたメンバーを労った。
  • そして、片岡飛鳥総監督からの卒業証書がメンバー1人1人に手渡す。EDとして最終回で終始流れたサザンオールスターズの「みんなのうた」をBGMにメンバー1人1人にとっての「めちゃイケ」とは何かを問われ、最後には海岸で全員が卒業証書を持って走り出すも全員落とし穴に落ちて番組にピリオドが打たれた。

 

こうやって振り返ると最終回ということで過激な企画を復活させたり(「スモウライダー」なんかもやって欲しかったな…)、これまでめちゃイケを支えてきた人たちをゲストに迎え、最後にはメンバー一人一人からのメッセージを流し感動もさせつつ、最後は落として笑わせて終わりました。

5時間10分で充分すぎるくらいの最終回を味わいましたね…最後は泣かせるんじゃなくて、なんか汚れながら終わりそうだなとは思いましたが、やっぱり落として終わるのはめちゃイケらしいですね…

でも、正直に感じるのは22年の重みをあまり感じず最後はダラダラ振り返ることもせず、あっさりと終わったこと。たぶん、これはこれからがめちゃイケメンバーにとっての新しい道、第2章なんだろうなと…だから、このメッセージなんだと。f:id:ot20503:20180401060434j:image

あと、最終回にして最初から山本圭壱を見れたことは本当に良かった。なんか当たり前に感じてたけど、やっぱり奇跡です…

こうして「めちゃイケ」が終わって、ものすごく感じるのが日本のバラエティーのひとつの時代が終わってしまったなと。こうやってバカみたいなことにお金を掛けるような番組ももうないと思います。なんか悲しいな…

めちゃイケ」は22年もやってきたので(「新しい波」からだと25年)、メンバーの成長を見れ、こうやって芸人だけでなくアイドルや俳優をとりいれた番組ってもう見れないと思うんですよ。

めちゃイケ」って他のバラエティーとは違うとすごく思います。メンバーが真剣に取り組んだりする姿に感動したバラエティーってなかなかないし、めちゃイケの編集とかバラエティーに与えた影響は大きいと思います。

こうやって振り返るとめちゃイケってもしかしたら自分がテレビを好きにしてくれた番組かもしれない。もう、僕にとってはテレビって体の一部で器官であって、いつの何時はこれだなという生活リズムを作り出している。でも、そのいつの何時という当たり前が崩れる。それが長く続き面白くなくなったとしてもそこに穴が空くのはやっぱり寂しい。

それで言いたいのが「めちゃイケ」の後とかもそうなんですけど、フジテレビは若手を育成する気はあるのかなと…若手というのはスタッフもそうだし、演者もです。同じく3月で終了してしまった「AI-TV」に出てる「新しい波24」のメンバーなんかはこれからのフジテレビを引っ張っていけそうなのに打ち切ってるし、フジテレビには悲しみしかないです。

めちゃイケ」が終わりました。日本のバラエティーの灯火がまた一つ消えました。ただ、テレビは終わってません。フジテレビの灯火は消えていません。まだ、テレビには探せば面白い番組はあります。これからも面白い番組があること、そして、フジテレビが再びあの頃の熱気に戻ってることを願ってこの記事を締めさせていただきます。

メンバーの皆さん、そして、支えてくれたスタッフの皆さんにたくさんの感謝を!たくさんの笑いと感動をありがとうございました!

あっ、最後に一つ。「めちゃイケ百科辞典」、最終回までを網羅したやつ作ってください!絶対買いますので!!

ネットをざわつかせたアニメ、ポプテピピック

f:id:ot20503:20180324043758j:image
今期(2018年冬クール)のアニメは豊作だったような気がする。

からかい上手の高木さん」や「ゆるキャン△」、京アニの「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」、「宇宙よりも遠い場所」、「スロウスタート」、「三ツ星カラーズ」などなど…今期からはNETFLIXからオリジナルアニメが配信(デビルマンA.I.C.O.など)されるなどアニメの形も多様になった今期。

そんな中、今回このブログで触れたいのは土曜の深夜1時。ネットの話題を独占し、全国の視聴者に困惑と中毒症状を引き起こしたクソアニメポプテピピックだ。

ポプテピピック」について簡単にご紹介すると原作は大川ぶくぶによる4コママンガである。

mangalifewin.takeshobo.co.jp

主人公は中学2年生のポプ子とピピ美。ここまではよくありそうな物語な気がするが…
f:id:ot20503:20180324024424j:imagef:id:ot20503:20180324024600j:image

ご覧のように中指を立てたり…
f:id:ot20503:20180324024722j:image
出版社である竹書房を破壊したり…
f:id:ot20503:20180325024246j:image

一度最終回を迎え、アイドルマンガが始まったと思いきや、再び姿を現すなどとんでもなくおかしい4コマなのである。
f:id:ot20503:20180324025450j:image

しかし、ネット上で話題となり、ポプテピ発信の用語も誕生する始末であった。
f:id:ot20503:20180324025613j:image

ついには2017年4月にテレビアニメ化を発表。筆者自身もアニメ化を聞いたときは「あの4コマをどうアニメ化する気だ?30分持つのか?」と困惑をしながら、1月の放送開始を待った。

そして、放送当日。見た人なら分かる通り、とんでもない「クソアニメ」の誕生を目撃してしまったのだ。
f:id:ot20503:20180324041525j:image

「星色ガールドロップ」(先ほど記述したアイドルマンガ)が始まったかと思いきや、
f:id:ot20503:20180324041537j:image

ポプテピピック」本編が始まってしまい、
f:id:ot20503:20180324041617j:image
f:id:ot20503:20180324041646j:image

様々なパロディネタやAC部が製作した「ボブネミミッミ」に度肝を抜かされ、
f:id:ot20503:20180324041854j:image

15分近くでEDに入ってしまい、
f:id:ot20503:20180324041902j:image

後半に入ると「再放送」というテロップが入り、同じ物が流れる。しかし、ポプ子とピピ美の声は違うのである。
f:id:ot20503:20180324042005j:image
さらには、次回予告は「星色ガールドロップ」……

はっきり言って「困惑」である。終了後、すぐにTwitterに行くと「試写会で見たやつと違う」(これは第3話の前半で放送)、「最初に発表された声優と違うではないか!」(当初は小松未可子上坂すみれでこちらも第3話の前半で放送)などの声が挙がり、パロディネタ探しなどでネットの話題を一気に掻っ攫ったのである。

そして、それ以降もこのスタイルを変えることはなく、声優の組み合わせやパロディネタなどで話題になり、果ては「ポプテピピックは百合説」などの考察までに発展し、人々に中毒症状を与えたのである。筆者もその一人である。

なんで、こんなにも面白いのか。はっきり言って分からない。いや、このアニメは「おかしい」から面白いのだ。

そして、筆者が考える「ポプテピピック」の魅力について5つほど挙げたいと思う。

1つ目は声優を入れ替えること。
f:id:ot20503:20180325020030j:image

普通なら考えられないことだ。何話も通して、演技するからこそ魅力が出てくることもある。しかし、このアニメにはそれは通用しない。

そして、その組み合わせはどこかのアニメで見たような組み合わせ。
f:id:ot20503:20180324042503j:image

時によっては第5話(金田朋子小林ゆう中村悠一杉田智和)のようなアドリブに走りすぎるなんていう酷さも。

声優それぞれの演技の違いも面白いところだ。

2つ目はパロディネタ。
f:id:ot20503:20180324042411j:image

ゲーム、映画、ドラマなどサブカルチャー要素のごった煮と言っていいほどパロディネタの宝庫。

筆者はこの手のパロディネタが大好きなので、毎回探すのが楽しみだし、ネット上で探り合うのもまた面白いのである。

視聴者の知識量が試されているようで個人的にはパロディネタの細かさと情報量はこのアニメ、圧倒的だと思います。

3つ目に様々なクリエイターが見れるところ。
f:id:ot20503:20180324044152j:image
f:id:ot20503:20180324044157j:image

ポプテピピック」にはスペースネコカンパニー製作のメインエピソード「POP TEAM STORY」の他に
f:id:ot20503:20180324043837j:image
f:id:ot20503:20180324043847j:image
f:id:ot20503:20180324043854j:image
f:id:ot20503:20180324044004j:image

AC部の「ボブネミミッミ」、
f:id:ot20503:20180324044021j:image
f:id:ot20503:20180324044031j:image

山下諒によるドットアニメ「POP TEAM 8bit」、
f:id:ot20503:20180324044903j:image
f:id:ot20503:20180324044914j:image

ティボ・トレスカによるフランス語アニメ「JAPON MiGNON」、
f:id:ot20503:20180324044250j:image
f:id:ot20503:20180324044305j:image
f:id:ot20503:20180325020219j:image

UchuPeopleによるフェルト人形の「POP TEAM DANCE」や
f:id:ot20503:20180324044939j:image

クッキング番組風の「ポプテピクッキング」、
f:id:ot20503:20180324044948j:image

サンドアートや油絵を使った「ポプテピピック昔ばなし」など

様々なクリエイターを集結させて、様々な形態を見せていく。「ウゴウゴルーガ」のようだという声が挙がるのもこのような要素があるからかもしれない。

4つ目にキングレコード単独製作であること。
f:id:ot20503:20180324042547j:image

最近のアニメは「製作委員会」という形で様々な会社が集結し、作業分担などをしてきたが、一社あたりの分配される利益が少なくなるなどの弱点が浮かび、現代アニメの問題点としても取り上げられている。

しかし、今回、キングレコードは単独の製作という手に打った。まあ、こんなクソアニメに関与をしてくれるスポンサーもいないだろうし、やらかしたときはキングレコード単独責任ということで責任分散もなくなるのである。

単独製作はハイリスクではあるが、今回は大きな失敗もなかったので良かったのではないか?

最後、5つ目は全国で同時に放送・配信を行ったことだ。

深夜のアニメになると地域によっては時間や日にちにズレが生じ、ネット上でネタバレを食らうなんてこともある。
f:id:ot20503:20180324045325j:image
f:id:ot20503:20180324045334j:image

ただ、「ポプテピピック」に関しては地上波とBS、ネットが一斉に同時放送。ネットで一緒に実況することができるのだ。

さらに放送終了後、すぐにニコニコや各種ネット配信サービスで配信。二回目三回目をすぐに見ることができるのだ。

そして、DVD・Blu-rayにはつい最近放送終了した回までが入って発売されている。

これが出来るのはすごいこと。ぜひ、一斉放送なんかは他の深夜アニメでも参考にして欲しいところ。

 

少し余談だが、7月放送の「進撃の巨人」最新シーズンがNHKで放送されるのも放送日にズレが生じる民放深夜アニメより一斉に放送が出来る公共放送になったのも理由の一つじゃないだろうか。

 
f:id:ot20503:20180324045550j:image

今期のアニメの中でも異彩を放った「ポプテピピック」。なぜ、ここまで話題になったのかを考えてみるとネットで話題になるようなことを完全に理解し、そして、視聴者は実況しながらそれを楽しむ。つまり、SNS時代に対応したアニメではないのだろうか。

ポプテピピック」みたいなアニメはもういい。ただ、このようにSNS時代に対応したアニメスタイルはぜひとも他のアニメでも見習って頂きたいところだ。
f:id:ot20503:20180325020328j:image

↓この3つの記事は読み応えがあるのでおすすめします!↓

www.animatetimes.com

kai-you.net

news.denfaminicogamer.jp