Takaのエンタメ街道

一生を映画に捧ぐと決めたTakaが主に映画・テレビ・音楽について書くブログです。

<週刊興行批評>「アクアマン」がV2??特殊上映はランキングに影響するのか?

f:id:ot20503:20190218223615j:image

今週は初登場した「フォルトゥナの瞳」と「アクアマン」の興行からみる特殊上映のヒットについて書いていこうと思います。

 

 

1.先週末のランキング

それでは、先週末のランキングを見てみましょう。

f:id:ot20503:20190218220619j:image

1位は初登場フォルトゥナの瞳」。土日2日間で動員14万1000人、興収1億8800万円をあげ、初日から3日間の累計では、動員19万人、興収2億5000万円を突破した。

2位は「アクアマン」。土日2日間で動員12万6000人、興収1億9600万円をあげ、先週に引き続き、興収では1位を上回る結果となった。累計では動員65万人を突破、興収10億円まであと少しと迫っている。

3位は「七つの会議」。土日2日間で動員12万5000人、興収1億6500万円をあげ、累計では動員120万人、興収15億円を突破している。

4位は「マスカレード・ホテル」。土日2日間で動員12万5000人、興収1億7200万円をあげ、累計興収は37億円を突破している。

5位は「劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ」。累計興収は7億5000万円を突破。

6位は「コードギアス 復活のルルーシュ」。

7位は「ボヘミアン・ラプソディ」。15週目を迎え、累計で動員843万人、興収116億円を突破。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を抜いて、歴代興収ランキング21位となっている。

f:id:ot20503:20190218221242j:image

8位は「メリー・ポピンズ リターンズ」。累計興収は8億4000万円を突破。

9位は「十二人の死にたい子どもたち」。累計興収は13億円を突破。

10位は「雪の華」。累計興収8億5000万円を突破している。

 

2.興行チェック!「フォルトゥナの瞳」

f:id:ot20503:20190218221542j:image

今週初登場したのは百田尚樹原作の「フォルトゥナの瞳」。

百田尚樹原作だとは知らずに見た人も少なからずいるだろうが、宣伝にあまり使用してないのは恐らくネガティブ効果だろう…といった感じで百田尚樹原作というワードは個人的にはあまり良いイメージを持たない。

f:id:ot20503:20190218222924j:image

あまり比較対象にはならないが、百田尚樹原作映画で比較するとこんな感じ。

半数以上の観客がハイティーン及び20代というアンケート結果もあり、興収は10億付近となりそうだ。

 

3.特殊上映ってヒットするの?

f:id:ot20503:20190218223603j:image

日本の映画ランキング即ち興行通信社が出しているランキングは観客動員数を基にしたランキングであり、アメリカのBox Officeが出している興行収入を基にしたランキングとは違う。

先週末の観客動員数2位だった「アクアマン」だが、興行収入1位は「フォルトゥナの瞳」ではなく、「アクアマン」だった。ちなみに先々週末も観客動員数1位は「七つの会議」で、興行収入1位は「アクアマン」だった。

では、なぜ、観客動員数と興行収入で1位が違うような結果になってしまうのか?

その原因の一つに特殊上映の有無が挙げられる。

当ブログでも特殊上映について注目はしてきた。

特殊上映は通常の料金に加えて追加料金が発生してしまうため、それが興行収入に加算されて、観客動員数と興行収入の1位に食い違うケースというのが発生するのだ。

こういった現象は昨年3回発生しており*1、どれも特殊上映対応作だった。

ちなみに観客動員数と興行収入の1位に食い違いがないにしても、昨年特殊上映作品が1位に輝いた作品は14作品(25/52週)あった。

IMAXデジタルシアターが日本に導入されて10年、4DXが日本に導入してからは6年が経過する。

今現在、IMAXが32館、4DXやMX4Dなどの4D系も40館以上となっており、今後さらに増えることだろう。

その分、特殊上映の浸透も増え、ランキングに影響するかもしれない。

個人的な意見になるが、興行通信社は特殊上映にも対応した興行収入ランキングの発表や金曜日を含んだランキングを検討していただきたいところだ。

 

4.今週の注目作

アリータ:バトル・エンジェル」(2月22日公開) (PG12)

木城ゆきとによる日本のSF漫画「銃夢 (ガンム)」を、同作の映画化を長年にわたり熱望していたジェームズ・キャメロンの脚本・製作により、ハリウッドで実写映画化したアクション大作。監督は「シン・シティ」のロバート・ロドリゲス。主人公アリータ役は「メイズ・ランナー」シリーズのローサ・サラザールが務め、いずれもオスカー俳優であるクリストフ・ワルツジェニファー・コネリーマハーシャラ・アリが共演。

数百年後の未来。スクラップの山の中から奇跡的に脳だけが無傷の状態で発見されたサイボーグの少女アリータは、サイバー医師のイド博士によって新たな体を与えられ、目を覚ます。しかし彼女は、自分の過去や今いる世界についてなど、一切の記憶が失われていた。やがてアリータは、自分が300年前に失われたはずの最終兵器として作られたことを知り、そんな兵器としての彼女を破壊するため、次々と凶悪な殺人サイボーグが送り込まれてくる。アリータは、あどけない少女の外見とは裏腹の驚異的な格闘スキルをもって、迫り来る敵たちを圧倒していくが……。

翔んで埼玉」(2月22日公開)

パタリロ!」で知られる漫画家の魔夜峰央が1982年、当時自らも居を構えていた埼玉県を自虐的に描いたギャグ漫画として発表し、30年以上を経た2015年に復刊されるとSNSなどで反響を呼んだ「翔んで埼玉」を、二階堂ふみGACKTの主演で実写映画化。

かつて東京都民からひどい迫害を受けた埼玉県民は、身を潜めてひっそりと暮らしていた。東京都知事の息子で、東京のトップ高校である白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美は、ある日、アメリカ帰りで容姿端麗な謎の転校生・麻実麗と出会う。百美は麻実に淡い恋心を抱き、互いに惹かれあっていく。しかし、麻実が埼玉県出身であったという衝撃の事実を百美が知ってしまい、2人は東京と埼玉の県境で引き裂かれることとなってしまうが……。

二階堂が男性である百美役をGACKTが麻実役をそれぞれ演じる。監督は「のだめカンタービレ」シリーズ、「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内英樹

THE GUILTY/ギルティ」(2月22日公開)

電話からの声と音だけで誘拐事件を解決するという、シンプルながらも予測不可能な展開で注目され、第34回サンダンス映画祭で観客賞を受賞するなど話題を呼んだデンマーク製の異色サスペンス。

過去のある事件をきっかけに警察官として一線を退いたアスガーは、いまは緊急通報指令室のオペレーターとして、交通事故の搬送を遠隔手配するなど、電話越しに小さな事件に応対する日々を送っている。そんなある日、アスガーは、今まさに誘拐されているという女性からの通報を受ける。車の発進音や女性の声、そして犯人の息づかいなど、電話から聞こえるかすかな音だけを頼りに、アスガーは事件に対処しなければならず……。

ビール・ストリートの恋人たち」(2月22日公開)

「ムーンライト」でアカデミー作品賞を受賞したバリー・ジェンキンス監督が、1970年代ニューヨークのハーレムに生きる若い2人の愛と信念を描いたドラマ。

ドキュメンタリー映画私はあなたのニグロではない」の原作でも知られる米黒人文学を代表する作家ジェームズ・ボールドウィンの小説「ビール・ストリートに口あらば」を映画化し、妊娠中の黒人女性が、身に覚えのない罪で逮捕された婚約者の無実を晴らそうと奔走する姿を描いた。

オーディションで抜てきされた新人女優キキ・レインと、「栄光のランナー 1936ベルリン」のステファン・ジェームスが主人公カップルを演じ、主人公を支える母親役でレジーナ・キングが出演。

サムライマラソン」(2月22日公開) (PG12)

超高速!参勤交代」の原作・脚本で知られる土橋章宏が、日本のマラソンの発祥と言われる史実「安政遠足(あんせいとおあし)」を題材に執筆した小説「幕末まらそん侍」を、主演の佐藤健をはじめ日本を代表する豪華キャストの共演で映画化。「ラストエンペラー」のジェレミー・トーマスと「おくりびと」の中沢敏明が企画・プロデュースを手がけ、監督を「キャンディマン」「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」のバーナード・ローズ、音楽を「めぐりあう時間たち」のフィリップ・グラス、衣装デザインを「乱」ワダエミが担当する。

外国の脅威が迫る幕末の世。安中藩主・板倉勝明は藩士を鍛えるため、15里の山道を走る遠足を開催することに。しかし行き違いによって幕府への反逆とみなされてしまい、安中藩取り潰しを狙う刺客が藩士不在の城に送り込まれる。遠足参加中に藩の危機を知った安中藩士の唐沢甚内は、計画を阻止するべく走り出す。

凜 -りん-」(2月22日公開)

芥川賞作家でお笑い芸人の又吉直樹が2007年に舞台用に書き下ろした長編サスペンスを、佐野勇斗本郷奏多のダブル主演で映画化。

高校2年生になる野田が通う村の高校に、東京からの転校生・天童がやって来た。不思議な雰囲気を持つ天童はすぐにクラスに溶け込み、野田とも他愛ないことで笑いながら日々を過ごしていた。ある日、野田の友だちの1人が忽然と姿を消す。村に語り継がれる「100年に一度、村から子どもが消える」という伝説が人びとの頭によぎる中、また1人友だちがいなくなった。小さな村は混乱し、転校生の天童に疑いの目が向けられていく。

佐野が野田役、本郷が天童役をそれぞれ演じる。監督はドラマ「ウロボロス この愛こそ、正義。」「せいせいするほど、愛してる」などで演出を手がけてきた池田克彦。原作の又吉が脚本監修として参加。

ねことじいちゃん」(2月22日公開)

世界的に知られる動物写真家・岩合光昭が初めて映画監督に挑み、ねこまき原作の同名コミックを落語家の立川志の輔主演で実写映画化したヒューマンドラマ。

とある小さな島に住む70歳の大吉は、2年前に妻に先立たれて以来、飼い猫のタマと2人きりで暮らしている。生まれ育ったこの島には幼なじみの巌をはじめ多くの友人や猫がおり、穏やかな日常が流れていた。東京で暮らす息子・剛はひとり暮らしの父を心配しているが、大吉もタマも自由気ままな現在の生活に満足している。しかし、親しい友人の死や大吉自身の身体の不調など、ずっと続くと思っていた日常に少しずつ変化が訪れはじめ……。

ヒロインを柴咲コウが演じるほか、小林薫、田中裕子、柄本佑ら実力派俳優がそろう。

サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-」(2月22日公開) (PG12)

LGBTの人々のための支援プログラムとして教会を開放して行われる「サタデーナイト・チャーチ(土曜の夜の教会)」を題材に、学校でのいじめや家族の無理解など、厳しい現実に悩む主人公が経験するさまざまな出来事を、ミュージカル調の演出を取り入れて描いた人間ドラマ。これが初監督作となるデイモン・カーダシスが、ボランティアを務めていた教会での実体験などをもとに、物語をつむぎだした。

ニューヨークのブロンクス。「美しくなりたい」という思いを抑えられずにいる青年ユリシーズは、ある夜、ストリートで出会ったトランスジェンダーのグループに「サタデーナイト・チャーチ」に誘われる。そこは静かで厳格な昼間の教会とは異なり、ダンスや音楽を楽しみながら、同じ境遇の仲間と語らう場として開放されていた。ユリシーズは、その自由な雰囲気に魅了され、少しずつ自分を解放してゆくが、ある日、隠していたハイヒールが家族に見つかってしまい……。

あの日のオルガン」(2月22日公開)

第2次大戦末期に保母(保育士)たちが幼い園児たちとともに集団で疎開し、東京大空襲の戦火を逃れた「疎開保育園」の実話を戸田恵梨香大原櫻子の主演、山田洋次作品の多くで脚本、助監督を務めてきた平松恵美子の監督、脚本により映画化。

1944年、第2次世界大戦末期の東京。警報が鳴り、防空壕に非難する生活が続く中、品川の戸越保育所では園児たちの安全を確保するため、保母たちが保育所疎開を模索していた。ようやく受け入れ先として見つかった埼玉の荒れ寺で疎開生活をスタートした若い保母たちと園児たちは、日々噴出するさまざまな問題に直面しながらも、互いに励ましあいながら奮闘していく。

戸田が保母たちのリーダーとなる板倉楓役を、大原が天真爛漫で音楽好きな保母の野々宮光枝役をそれぞれ演じる。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」(2月22日公開)

家族の絆を描いた宮川サトシの自伝エッセイ漫画を「さよなら渓谷」「日日是好日」の大森立嗣のメガホン、安田顕主演で実写映画化。

子どもの頃から病気がちだったサトシは母のかけてくれたやさしい言葉に救われてきた。2年前、そんな母ががんの告知を受けたことから、今度はサトシが母にやさしい言葉をかける番になってしまった。百度参り、修行僧のような滝行、国産野菜のジュース作り……サトシは恋人の真理に支えられながら、母のためになるならと、どんなことでもやった。しかし、30代後半になったサトシに母との永遠の別れが訪れる。あれから1年。生きる気力をすっかりなくしていた父と兄もようやく新たな人生へ再スタートをきった頃、サトシのもとに突然、母からのプレゼントが届く。

主人公のサトシ役を安田が演じるほか、母・明子役を倍賞美津子、サトシの恋人・真里役を松下奈緒、兄・祐一役を村上淳、父・利明役を石橋蓮司がそれぞれ演じる。

パペット大騒査線 追憶の紫影 (パープル・シャドー)」(2月22日公開) (PG12)

セサミストリート」を生んだジム・ヘンソン・カンパニー製作による人間とパペットが共存する世界を舞台にしたアクションコメディ。フィル・フィリップはロス市警初のパペット刑事として活躍していたが、ある事件での失態により刑事をクビとなり、現在は私立探偵として生計を立てていた。ある日、依頼された調査のため、パペット経営のアダルトショップへと向かったフィルは、店主を含めたパペットが全員殺害されるという事件に遭遇。ロス市警からフィルのかつての相棒だったおばさん刑事コニーがこの事件の担当となり、フィルとともに事件の捜査にあたることとなるが……。「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」「ゴーストバスターズ」のメリッサ・マッカーシーがコニー役を演じるほか、「セサミストリート」のエルモなどを手がけたビル・バレッタがフィルの声を担当。監督はパペット界の巨匠ジム・ヘンソンの息子であるブライアン・ヘンソン。

僕の彼女は魔法使い」(2月22日公開)

宗教家の大川隆法が製作総指揮と原案を手がけ、「さらば青春、されど青春。」の千眼美子が主演を務めるファンタジードラマ。

高校3年生の優一のクラスに風花が転校してきてから、優一の周囲ではさまざまな不思議な現象が起こるようになった。風花の正体は魔法使いで、しかも世界最後の「白魔術の継承者」だったのだ。優一はそんな風花に戸惑いを覚えながらも心ひかれていくが、ある事件をきっかけに風花は突然姿を消してしまう。それから5年の時が流れ、風花と優一は偶然に再会するが、それは白魔術と黒魔術の時空を超えた戦いの始まりだった。

風花役を千眼、優一役を「君のまなざし」の梅崎快人が演じる。

 

というわけで、今週は以上。閲覧ありがとうございました。

*1:リメンバー・ミー」(IMAX、4D対応)の第1週・2週、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(IMAX、4D対応)の第1週