Takaのエンタメ街道

一生を映画に捧ぐと決めたTakaが主に映画・テレビ・音楽について書くブログです。

<週刊興行批評>2019年春休み映画興行予想!

f:id:ot20503:20190326042151j:image

今週は初登場した「バンブルビー」の興行と2019年の春休み映画興行予想を書いていきます。

 

 

1.先週末のランキング

それでは、先週末のランキングを見てみましょう。

f:id:ot20503:20190326042222j:image

1位は4週連続で「映画ドラえもん のび太の月面探査記」。土日2日間で動員26万2000人、興収3億1100万円をあげ、累計では動員245万人、興収28億円を突破している。

2位は「翔んで埼玉」。土日2日間で動員12万7000人、興収1億7500万円をあげ、先週の4位から2ランクアップしてランクイン。累計では動員193万人、興収25億円を突破。

3位は「キャプテン・マーベル」。土日2日間で動員12万人、興収1億8100万円をあげ、興収では2位の「翔んで埼玉」を上回っている。累計では動員82万人、興収12億円を突破した。

4位は初登場バンブルビー」。土日2日間で動員12万人、興収1億7300万円をあげ、初日からの累計では動員18万6000人、興収2億6400万円をあげた。

5位は「映画 プリキュアラクルユニバース」。累計興収が5億円を突破。

6位は「君は月夜に光り輝く」。累計で動員43万人、興収5億1000万円を突破。

7位は「グリーンブック」。累計興収が14億円を突破。

8位は初登場PRINCE OF LEGEND」。初日からの4日間で動員13万6093人、興収1億7027万9000円をあげた。

9位は「えいがのおそ松さん」。累計で動員21万人、興収2億8000万円を突破。

10位は「運び屋」。累計で動員50万人、興収6億円を突破。

 

2.興行チェック!「バンブルビー

f:id:ot20503:20190326042530j:image

今週初登場4位にランクインしたのは「バンブルビー」。

トランスフォーマー」シリーズ1作目から遡ること20年前の1980年代を舞台にこれまで語られることのなかったバンブルビーの地球到来の秘密、孤独な少女チャーリーとの友情が描かれている。

f:id:ot20503:20190327023710j:image

こちらがトランスフォーマー映画の比較。

バンブルビー」は前作「最後の騎士王」を下回る結果に。

最終興収としては10〜20億あたりだろうか?

 

3.2019年春休み映画興行予想!

さあ、映画界は春休み映画商戦。このシーズンは子供映画やアカデミー賞映画が公開されますが、2019年春休み映画はどういう構図を描くのか?

「翔んで埼玉」 (公開中)

最終興収(予想):35〜45億円

現在、予想以上の大ヒット中。この大ヒットは予測不能だが、40億円はあり得る。

「映画ドラえもん のび太の月面探査記」 (公開中)

最終興収(予想):40〜50億円

毎年恒例、春休み映画最強とも云えるドラえもん。今年も40億円は超えると予想。だが、昨年の「のび太の宝島」(53.7億円)を超えるのは難しいと思われる。

「グリーンブック」 (公開中)

最終興収(予想):20〜25億円

今年のアカデミー賞作品賞受賞作。久々にアカデミー賞作品賞作品で20億円を超えると予想。

「運び屋」 (公開中)

最終興収(予想):8〜10億円

クリント・イーストウッド監督・主演作。10億円の大台を超えることはできるのか?

スパイダーマン:スパイダーバース」 (公開中)

最終興収(予想):3〜6億円

今年のアカデミー賞長編アニメーション賞受賞作。個人的には10億を超える大ヒットをぶちかまして欲しかったが、どうやらそういう気配がない。

キャプテン・マーベル」 (公開中)

最終興収(予想):15〜25億円

MCUの新作にして、次回作が「アベンジャーズ/エンドゲーム」ということもあって、重要な作品。20億円超えも見込める。

君は月夜に光り輝く」 (公開中)

最終興収(予想):6〜10億円

永野芽郁×北村匠海主演作。10億を超えるか否かといった感じ。

「えいがのおそ松さん」 (公開中)

最終興収(予想):3〜5億円

人気アニメ「おそ松さん」の劇場版。評価も高く、公開規模からすれば、5億に到達すれば御の字といったところか?

「映画 プリキュアラクルユニバース」 (公開中)

最終興収(予想):8〜10億円

春休み恒例映画といえばプリキュアもその一作。10億を超えることはできるのか?

バンブルビー」 (公開中)

最終興収(予想):10〜20億円

「PRINCE OF LEGEND」 (公開中)

最終興収(予想):3〜6億円

「王子が大渋滞」というキャッチコピーも印象的なLDH映画。先週末に公開されるも、公開規模からすれば物寂しいスタートを切った。最終的には3億円超えるあたりだろうか?

「ダンボ」 (3/29公開)

最終興収(予想):10〜20億円

f:id:ot20503:20190327031816j:image

テレビでも大々的にCMが打たれているティム・バートンの新作にして、ディズニーアニメの実写化。10億円超えてくるのか?

LEGO®ムービー2」 (3/29公開)

最終興収(予想):1〜3億円

f:id:ot20503:20190327031821j:image

「レゴ・ムービー」の続編。前作は1.8億円、「レゴバットマン」も1.2億円という結果なので、そこまで大きなヒットとはならない。

「映画 少年たち」 (3/29公開)

最終興収(予想):3〜5億円

f:id:ot20503:20190327031829j:image

ジャニー喜多川さんが総合演出を手がけ、ジャニーズ事務所の若手メンバーたちが代々出演してきた舞台を映画化した作品。大々的なPRはしてないため、5億円で落ち着くあたりか?

 

これはあくまでも予想。現実が想像を超えてくることはあるのか?

 

4.今週の注目作

ダンボ」(3月29日公開)

1941年製作のディズニー・アニメの古典的名作「ダンボ」を、「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」のティム・バートン監督のメガホンで実写化したファンタジーアドベンチャー

サーカス団に飼われ、大きな耳を使って空を飛ぶことができる小さなゾウの子ども「ダンボ」が、引き離された母親を助けるため、サーカス団の家族の力を借りて新たな一歩を踏み出す姿を描いた。

出演は、サーカス団の元看板スターでダンボの世話係を任されるホルト役にコリン・ファレル、サーカス団の空中ブランコのスター、コレット役に「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」など近年のバートン作品に欠かせない存在となっているエバ・グリーン、ダンボを使って金儲けを企む企業家ヴァンデバー役に「スパイダーマン ホームカミング」「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のマイケル・キートン

大脱出2」(3月29日公開)

シルベスター・スタローン主演によるサスペンスアクション「大脱出」の続編。前作で共演したアーノルド・シュワルツェネッガーに代わり、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のデイブ・バウティスタがスタローンの相棒を務める。

世界で唯一無二のセキュリティ・コンサルタント=脱獄プロフェッショナルとして名をはせるブレスリン。現在は一流のスタッフを集めた警備会社を新設し、後進の育成にあたっていた。ある日、スタッフのシューが突然姿を消した。足取りを追うブレスリンは、シューが監獄「ハデス」に勾留されている噂を耳にする。コンピューターで制御され、最強のセキュリティを誇り、その全容は謎に包まれる「ハデス」。その謎を追って、スタッフたちが次々と姿を消す。ブレスリンは友人デローサの協力のもと、監獄「ハデス」の攻略に挑む。

記者たち 衝撃と畏怖の真実」」(3月29日公開)

スタンド・バイ・ミー」の名匠ロブ・ライナーが、イラク戦争大義名分となった大量破壊兵器の存在に疑問を持ち、真実を追い続けた記者たちの奮闘を描いた実録ドラマ。

2002年、ジョージ・W・ブッシュ大統領は、サダム・フセイン政権を倒壊させるため「大量破壊兵器の保持」を理由にイラク侵攻に踏み切ることを宣言。ニューヨーク・タイムズワシントン・ポストといった大手新聞をはじめ、アメリカ中の記者たちが大統領の発言を信じて報道を続ける中、地方新聞社を傘下にもつナイト・リッダー社ワシントン支局の記者ジョナサン・ランデーとウォーレン・ストロベルは、大統領の発言に疑念を抱き、真実を報道するべく情報源をたどっていくが……。

物語の中心となる記者役に「スリー・ビルボード」のウッディ・ハレルソン、「X-MEN」シリーズのジェームズ・マースデン。そのほかジェシカ・ビールミラ・ジョボビッチトミー・リー・ジョーンズが共演。

レゴ®ムービー2」(3月29日公開)

世界中で親しまれるブロック玩具の「レゴ」を題材にアニメーション化し、大ヒットを記録した「LEGO®ムービー」の続編。

ロックシティが襲われた恐ろしい事件から数年後、平和な日常が続いていた街に謎の宇宙人が現れたことをきっかけに、ブロックシティはすっかり荒廃し、誰もがすさんでしまう。そんな中で、エメットだけは相変わらず明るく、ごくフツーの日常を過ごしていた。しかし、ルーシーやバットマンといった仲間たちが宇宙人にさらわれてしまい、エメットは仲間たちとの日常を取り戻すため宇宙へと飛び出し、ミュージカル好きなクイーンが支配する惑星へとやってくる。

監督は「シュレック フォーエバー」「トロールズ」のマイク・ミッチェル。前作を手がけたフィル・ロードクリストファー・ミラーが製作・脚本。

映画 少年たち」(3月29日公開)

ジャニー喜多川が企画・構成・総合演出を手がけ、ジャニーズ事務所の若手メンバーたちが代々出演してきた舞台「少年たち」を映画化。

心に深い傷を抱え、それぞれの事情から少年刑務所に収監された少年たち。争うことでしか自分を鎮めることができない彼らは、赤房、青房、黒房の各チームで徒党を組んでケンカを繰り返していた。そんなある日、新たに1人の少年が収監される。身寄りがなく誰にも心を開かなかった彼は、ここで初めて信じられる仲間に出会い、友情を育んでいく。しかし、冷酷な看守長が赴任してきたことをきっかけに事件が起こり……。

ジャニーズJr.の人気グループである「SixTONES」「Snow Man」「なにわ男子」「関西ジャニーズJr.」のメンバーが中心となる少年たちを演じ、「関ジャニ∞」の横山裕、「A.B.C-Z」の戸塚祥太ジャニーズ事務所の先輩メンバーたちも出演。ジャニー喜多川製作総指揮の下、「超高速!参勤交代」シリーズの本木克英監督がメガホンを取る。

 

というわけで、今週は以上。閲覧ありがとうございました。